​実技入門コース

基礎を固める

基礎が1番大事です

観測情報や専門天気図の見方、道具の使い方など、はじめに実技の基礎をしっかり固めておきましょう!

気象予報士スクール講座 模試 気象予報士試験

地上気象観測、衛星、エマグラム等の観測情報の見方
・実況、予測、各気圧面ごとの専門天気図の見方
・実技試験で必須な道具の使い方
(トレーシングペーパー、ディバイダーなど)
・オリジナルテキスト付き
​・ライブ講座には授業の最後に1時間の質問タイム付き(元予報官のミニ講座も)
 

税込 19,800円

※ご希望のお支払い方法をお選びください。銀行振込の場合は、防災気象PROのHPへ移行します。

気象予報士スクール講座 模試 気象予報士試験
気象予報士スクール講座 模試 気象予報士試験

実技入門コース(ライブ受講)

◆【開講時期】
5~6月、10月(毎週 土曜日)
 全3回(3回まとめてのコース)
 
◆【開講日】
2022年秋冬期

 10月15日、22日、29日
 
◆【時間割】
1回  2時間 + 質問タイム1時間

 16:50~  ライブ接続可能
 17:00~  1時限目
 18:10~  2時限目
 19:10~   質問タイム&ミニ講座
        (1時間)
※無料、任意参加

◆【カリキュラム】
3回で実技の基礎を学んでいただけるようにカリキュラムを組んでいます
3回目に試験で必要な道具の使い方をお教えします(道具をご用意ください)
質問タイムではどんな質問にもお答えします
元予報官によるミニ講座でさらに理解が深まります

実技入門コース_カリキュラム2022秋冬期.png

◆【キャンセルについて】

初回の前日17時までメールによりキャンセルを受け付けます

・テキスト送付後の場合は、事務局までテキストのご返送をお願いします

(送料はご自身でご負担してください)

・前日17時以降は、キャンセルを承ることはできません

◆【ご返金について】

・日割り計算のご返金はできません

・キャンセルの場合は事務手数料2,000円を差し引いて残額をご返金します
・ご返金には1週間程度かかります

・受講生の都合で途中で受講できなくなった場合はご返金できません

・受講生の設備等の事情で映像、音声に不備があった場合もご返金できません

・天候、社会的混乱等で講座が開催できなかった場合は動画により補講といたします

・主催者の不備で映像、音声が長時間著しく劣化した場合は動画により補講といたします

◆【欠席・遅刻の連絡と補講について】
・事前にご連絡いただける場合は事務局までメールにてお願いいたします

※当日お電話ではお受けできません
・欠席した場合は補講動画をご利用ください

・ご提供する補講動画は2021年秋冬期開催時のものですが、内容は同じです

・補講動画の視聴可能期間は1週間です

(授業翌週の火曜日~授業翌々週の月曜日)

◆【テキストについて】

・オリジナルテキスト3回分は10月7日(金)に発送します

・お申し込みが10月7日(金)以降の方は11日(火)に発送します

・電子媒体でのご提供はしておりません

・補助テキストを配布することもあります。その際はPDFファイルをダウンロードしていただくURLをメールでお知らせします

・急きょ配布することになったテキストは授業終了後にご提供することになります

※オリジナルテキストの複製、第三者への譲渡はできません

 

◆【ご自身でご用意していただくもの】

・筆記用具、ノート、拡大鏡など必要なものをご用意ください

・デバイダーまたはコンパス、定規などの道具はご自身でご用意ください

・トレーシングペーパーはテキストに同封します

・色鉛筆などの解析グッズもプレゼントとしてテキストに同封します

 

◆【質問受付について】

当スクールでは、皆様の疑問解決をできる限りサポートいたします

授業の内容に関するご質問は、以下の方法でお受けいたします

<直接受付>

授業の最後に1時間の質問タイムがあります。通称「裏の3時間目」といいます

カメラはオフのまま、音声だけオンに切り替えて直接講師と会話ができます

マイクが使用できない場合は、チャット、Q&A機能によりご質問をお受けします

<メール受付>

授業の内容に関するご質問は、 授業後1週間  質問受付フォームより無料で受け付けます

質問受付対応期間:授業終了日~翌週の金曜日まで

授業の内容以外のご質問がある場合は、別途有料プランにお申し込みください。

税込 19,800円

※ご希望のお支払い方法をお選びください。銀行振込の場合は、防災気象PROのHPへ移行します。

気象予報士スクール講座 模試 気象予報士試験

ページトップへ