top of page

梅雨前線付近の対流不安定がわかる!(第61回気象予報士試験スピンオフ)【広がる!深まる!気象予報士試験】YouTube

7/1(月)YouTubeチャンネルに新動画の第五弾をアップしました!












●解説

鈴木和史(元気象庁予報官・気象予報士)

尾崎里奈(元気象キャスター・気象予報士)


●タイトル

梅雨前線付近の対流不安定がわかる!(第61回気象予報士試験スピンオフ)


●事例

第61回気象予報士試験の実技2問3の問題を基に別の角度から問題を作成


●見どころ

ご視聴にあたり、受験した方は問題を用意して観てください。

受験していない方は概要欄のリンクから問題をダウンロードできます。


梅雨前線付近の下層に流れ込む湿った気流について

本試験では950hPaと850hPaの相当温位の分布図を使って出題されました。

同じ図を使って、特定の地点の相当温位の鉛直分布から対流不安定の程度を読み取ります。


本試験にはなかった等値線からの数値の読み取りをして、鉛直構造を考えてみましょう。

動画を一旦停止して、問題を解いてみてください。


すぐに講師が解説しますので、きっと少し理解が進むことでしょう。

気象予報士受験生にとっては、過去問を使ってさらに学習を広げられる動画です。

次の第6回は佐々木恭子先生が担当します。


TeamSABOTENスクールイベント事務局


 

TeamSABOTEN気象専門STREAM.

サボテンの公式YouTubeチャンネル


800本以上の動画があり、気象予報士受験生も有資格者もスキルアップに役立ちます。

気象予報士合格者の多くが見ている動画はコレ!


Comments


bottom of page